『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』感想 シリーズ6作目にして最高傑作

Tom Cruise, Alec Baldwin, Angela Bassett, Ving Rhames, Henry Cavill, Rebecca Ferguson, and Simon Pegg in Mission: Impossible - Fallout (2018)

原題:Mission: Impossible – Fallout

監督:クリストファー・マッカリー

出演:トム・クルーズ、ヘンリー・カヴィル、レベッカ・ファーガソン、ほか

上映時間:2時間27分

公開年:2018年

 

年をとるごとにどんどんジャッキー化しているトム・クルーズが超絶スタントに挑んだ、『ミッションインポッシブル』シリーズの最新作。

話は前作『ローグネイション』からつながっており、また『3』『ゴーストプロトコル』で出てきたイーサンの元妻ジュリア(ミシェル・モナハン)も登場するので、この3作を観ておいた方がいいと思います。

クリストファー・マッカリー×トム・クルーズの作品である『アウトロー』と前作『ローグネイション』がめちゃくちゃ好きで、今作のティザーが公開されたときからずっと楽しみにしていたのですが、期待を見事に超越してくれる傑作でした。

今回は、アポストル(前作の敵組織「シンジケート」の残党勢力)が企てる同時核爆破計画を、イーサン(トム・クルーズ)率いるIMFが阻止するというお話。

前作のヴィランであるソロモン・レーン(ショーン・ハリス)と、MI6エージェントのイルサ(レベッカ・ファーガソン)が再び登場。

また、ベルリンでプルトニウムコアの確保に失敗したイーサンらを監視するCIAエージェント、ウォーカー役でスーパーマンでおなじみヘンリー・カヴィルが参戦。

 

今作のすごいところはなんといっても、トムによる全身全霊のスタント。

HALOジャンプから格闘、バイクチェイス、カーチェイス、ヘリチェイスに至るまですべてのスタントをトム自らが行っており、しかもそのどれもがとんでもないスタントで、手に汗握る最高のアクション映画に仕上がっていました。

メイキングやNG集が見たい。

 

トムは今作のヘリコプターのチェイスを撮るために、8週間でヘリの免許を取得。

またビルからビルに飛びうつるスタントで壁に激突し、足首を骨折。全治9ヶ月だったにもかかわらずわずか数週間で歩けるようになり、撮影に復帰したらしい。怪我を負っても数ページ後には治っているマンガのキャラみたいだ。

ちなみ予告編では骨折したシーンが使われていますが、劇場版では別カットになってました。ただしその後の這い上がって歩き出すまでのシーンは、骨折したときのもの。

56歳にしてここまでのスタントをこなせるというのは驚愕としか言いようがない。

ジャッキーを越えたんじゃないだろうか?

 

さらに見せ場ではないところでも、キャラの魅力を引き立てるような掛け合いや、敵を周到に用意した罠にかけるシーンがあったりするので、最初から最後までめちゃくちゃ楽しかったです。

話はいつも通りご都合主義的な感じで解決するのですが、前作でも今作でも、ご都合主義を認めた上で、都合良く解決できるのはイーサン達の自作自演だからなのではないか、という風に話に組み込んでいるのが面白いと思いました。

アクションエンターテイメントの大傑作といっても決して言い過ぎではない、最高の映画でした。

僕がこれまで観てきたアクション映画の中でも、トップクラスに好きです。

これより上は『マッド・マックス/怒りのデスロード』ぐらいしかないかなあ、という感じ。

IMAXでの鑑賞がおすすめです!

 

Please follow and like us:

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください