『デモンエクスマキナ』体験版 新生アーマード・コア!爽快なハクスラメカゲー

スポンサーリンク

Nintendo Switch期待のメカアクションゲーム『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)』の体験版、『Prototype Orders』が2月14日から3月11日までの期間限定で配信開始となりました。
プレイしてみての感想や、攻略に役立つかもしれない小ネタを綴っていきます。

スポンサーリンク

キャラクリと人体改造

まずは自分のアバターとなるキャラクターの作成から。
細かくパラメータをいじれるタイプではなく、パーツを選んでいくタイプになっています。
パーツ数はかなり少ないと感じました(体験版では選べるパーツが絞られているとのことなので、製品版ではちょっとだけカスタマイズの幅が広がりそうです)。

といっても、このゲームでは殆どの時間をアーセナルというメカに乗ってプレイすることになりますし、後述する人体改造によって見た目が変わってしまうので、あまりこだわるところではないのかなと思います。

ゲームを進めるとアンロックされる「LAB」という施設で、見た目・性別は自由に変更可能になっています。

「LAB」では人体改造と称して身体能力の強化を行うことが出来ます。
いわゆるスキルツリーのようなもので、リロード速度をアップさせたり、ブースト速度をアップさせたり出来ます。
LV2、LV3のものはどれか1つ&直前に習得したものとつながっているものしか選べないので、取捨選択がちょっと難しそう。
項目によっては体の一部が機械化し、アバターの見た目に影響するものもあって面白いです。
製品版ではもちろんLV3以上にツリーが展開していくそうなので、アバターの見た目が完全にメカになってしまうのかも(LV3の時点で顔以外は完全にメカだけども)。

効果には、「アウター効果」と「アーセナル効果」があります。
アウター状態(アーセナルから降りた状態)で戦うことはまずないと思うので、アーセナル効果を取ったほうがいいと思います。

「生体に戻す」を選ぶことで、能力の振り直しが簡単にできてイイですね。

ゲームの基本的な流れ

プレイヤーは「アーセナル」と呼ばれるロボに乗り込み、傭兵として様々なミッションをこなしていきます。
操作感はアーマードコアに似ていて(というか開発スタッフにAC作った人たちがいる)、右腕・左腕・肩に装備した武器をぶっぱなしながら敵を掃討していく、爽快かつスピーディーなメカアクションゲームとなっています。
ミッションで報酬を得ることで自分を強化していき、次なるミッションに備えるというサイクル。

体験版の最後のミッションでは四足歩行の巨大ロボとのバトルが待っています。
ただ単にHPが多くてデカいだけの敵とのバトルではなく、弱点となる部位・破壊できる部位を壊しながら効率よく戦う必要があり、雑魚戦とはまたちょっと違った楽しさがありました。

メカの動きもかなりスムーズかつかっこよく、動かしているだけで楽しかったです。
特に、武器を使うときやブーストするときに腕・足のハッチがバカっと開くのがスゴイかっこいいです。

パーツを集めて強くなれ!

正直なところ、序盤は機体の動きが鈍重だったこともあり「これはイマイチかなぁ」と感じました。

しかし今作には、倒した敵のパーツを奪って自機を強くしていくというハクスラ要素があります。
戦い、敵を倒し、パーツをゲットしていくことでどんどん強くなって、どんどん楽しくなる、というスパイラル!

敵のアーセナルを倒したら、パーツをぶんどってやりましょう。
入手済みのパーツは白字、未入手のパーツは黄色字で表記されます。
パーツは1体につき1つしか取れないので注意。

パーツにはアタッチメントという項目があり、同じパーツであってもアタッチメント枠が多かったり少なかったりします。
このアタッチメントがどういうものなのかは現時点では謎ですが、おそらく性能を強化するものなのでしょう。
さらに主要性能という項目(防御力+とか、メモリ消費+とか)もあり、製品版で高難度ミッションに挑むためには装備を厳選する必要が出てくるかもしれません。

パーツを取得する際、アーマーパーツは自機のアーマーが壊れていた場合には換装して使用することが出来ます。
また、ウェポンはパイロンに空きがある場合は格納して使用することが出来ます。
体験版では必要性を感じなかった、「ウェポンのパージ」というシステムもあるので、武器をとっかえひっかえすると楽にクリアできるミッションがあるのかも。

パーツは、アーセナル本体となる「アーマー」と、装備する武器の「ウェポン」の2種類に分かれます。

アーマー

アーセナル本体の性能を左右するのがアーマーパーツ。

アーマーには、

  • ヘッド
  • ボディ
  • プロセッサー
  • ライトアーム
  • レフトアーム
  • レッグ

の6つのカテゴリーがあります。

アーセナルとパーツには、メモリ容量とメモリ消費量というものが設けられており、容量をオーバーすると性能が低下します(どの程度低下するのかはよく分かりませんでした)。
そのため、耐久値を重視するのか、速度を重視するのか、それとも武器の制御を重視するのか、自分のプレイスタイルと合わせてビルドを考えていくのが重要になっていきそう。
メモリ容量は、ボディパーツに依存します。

先ほど、序盤は機体の動きが重いと書きました。
しかしミッションを繰り返して、レディアントグリームライキリのボディ&レッグパーツを手に入れると、世界が変わります。
特にライキリ装備は機動性がずば抜けて優れていて移動の爽快感が全く違うので、ぜひともライキリ装備をゲットして、高速戦闘を楽しんでいただきたいです。

製品版では多脚やキャタピラなども出てくるんでしょうか。

ウェポン

武器には、アサルトライフルやハンドガンといった実弾系の遠距離武器や、敵の攻撃を防ぐ盾、近接攻撃が出来る剣といったものがありました。
体験版では出てきませんでしたが、レーザー系やレールガン系など多彩な武器が登場するので、いろんな戦い方ができそうです。

機動性を極限まで上げた近接特化ビルドや、後方支援専門のビルドなど、いろんなアーセナルを作って楽しみたいです。

見た目もカスタマイズ

メカゲーとして非常に重要な要素となるのが、外見のカスタマイズ。
今作では、全身およびパーツごとのカラーリングに加えて、デカールを好きな位置に貼ることができました。

自分だけのアーセナルを作って、戦場を駆け抜けよう!

ボタン配置の自由度高し!

今作では、ボタン配置を自分好みにカスタマイズすることが可能です。

デフォルトだとこんな感じ↓
すべてのボタンを使うようになっているので、最初はちょっと難しく感じるかもしれません。

アシストボタンという、他のゲームではあまり見たことのない配置が可能です。
アシストボタン+他ボタンという風に、同時押しで操作を発動することが出来るようになります。
いわゆるショートカットキーみたいなものですね。
かゆいところに手が届く、見事な設定です!

僕は試行錯誤した結果、最終的にこんな感じに落ち着きました↓
ブースト時にカメラを動かせないのでRボタンにブーストを配置。
デフォルトだと移動しながらウェポン換装ができないので、アシストボタンをLにして、AとYボタンを組み合わせてみました。
本当はショルダーウェポンをL+Xにしたかったのですが、何故か上手く機能しなかったのでL+Bになってます。

攻略に役立つ(かもしれない)こと

基本操作

空中でジャンプボタンを押すことで滞空状態になります。
滞空自体にはスタミナを消費しないので、延々滞空可能。
アーセナルと戦うときは建物が邪魔になるので、基本上空で戦ったほうがいいと思います。

滞空時に前進する際は、カメラが向いている方に高度が徐々に変化していきます(下を向いていれば徐々に地面に向かっていく)。
高度を調整したい際は、ジャンプボタンやカメラの向き、オーグジュアリのダウンブースター等を
使用しましょう。

敵の戦車はアーセナルで掴んでぶん投げることができます。
爆発するので、武器として使えます。

ミニマップの見方

ミニマップで赤く表示されるのが敵。
自分よりも低い位置にいる敵は、薄い色で表示されます。
逆に、自分と同じもしくは高い位置にいる敵は濃い色で表示されます。

ちなみに黄色は弾薬、水色の□は回復トラック。

ステッカーをゲットせよ

ステージの建物などにあるグラフィティをスキャンすることで、使えるステッカーが増えます。
1つ目のステージの建物に矢印ステッカーが、2つ目のステージの塀にWARNINGステッカーがあります。

魅せ技

ブースト後に急激な方向転換を行うと、機体がクルッと回ることがあります。
そのときに射撃ボタンを押すと、回転しながら全方位を攻撃する技が発動します↓(地上、空中どちらでも発動可)。
弾を消費せずに攻撃できるのですが、いかんせん威力が低いため、実用性はほぼありません。

シヴは撃墜可能

3つ目のミッション(データ保管施設を防衛するやつ)では、終盤に2体のアーセナル(リーパーとシヴ)と戦うことになります。
リーパーは一定ダメージを与えると退却していきますが、シヴの方は撃墜可能。
もちろん撃墜すればパーツをぶんどれるので、リーパーは無視してシヴを集中攻撃するといいと思います。

ボスの弱点と武器

最終ミッションに登場する四脚戦車。
ジャンプにダバダバダッシュ、マルチミサイルに全方位バリア、極太ビームを使ってくるなかなかの強敵です。

本体下に潜ると、弱点のタンク的なものがあります。
4本ある脚の関節部分のアーマーを破壊すると、これまたタンク的な弱点が出現します。
また、ロックオンはできませんがそこかしこに付いている機銃も攻撃して破壊できます。
それ以外の部分に攻撃しても対してダメージが与えられないので、弱点を集中攻撃!

さらに、主砲の横っちょにもタンク的なものが左右に3つずつ付いています。
主砲の弱点は、主砲のビームを放った直後にニョキッと出てきますが、一定時間すると引っ込んでしまうので、速攻で破壊するようにしましょう。
といっても、極太ビームを使っているときはスキだらけなので、主砲を破壊するのは後半でいいと思います。

全部破壊すると、主砲がブチ取れます。
この取れた主砲は、一度だけ武器として使用することができます。
ボスは主砲が取れた直後にダウン状態になるのでそのすきにお見舞いしてあげましょう。

ボスに集中しすぎて弾が無くならないように、こまめに雑魚を倒して弾薬補給することを忘れずに。

改善してほしいところ

今回の体験版をプレイしてみて、製品版ではこうなるといいなあと思った部分を箇条書きにしてみました(単に体験版に含まれていないだけという要素もあるとは思いますが)。

  • 製品版では大量のパーツが手に入ると思うので、複数パーツをまとめて破棄できるようにしてほしい
  • パーツを破棄した際、お金や素材なりが手に入るようにしてほしい
  • 重厚なメカを操縦している感が薄いので、武器使用時やダッシュ時に振動するようにしてほしい
  • 敵撃破時にもうちょい気持ちよさがほしい(SEなり振動なり)
  • アウター操作時はもっとキビキビ動きたい
  • ミニマップをもうちょいわかりやすくしてほしい(アイコンの横っちょに高度を示す矢印を表示させるとか)
  • パーツに複数のデカールを貼れるようにしてほしい(レイヤー機能がほしい)
  • アーセナルは複数のビルドを保存できるようにしてほしい
  • ボスの部位破壊報酬がほしい

おわり

メカゲーは長らくやってない(ACFA以来かな?)ので、『デモンエクスマキナ』はすごく楽しみです。
製品版では、ローカル/オンラインによる協力プレイにも対応しているということで、そこにも期待しています。
製品版は確実に買います。夏の発売を心待ちにしています!

コメント