『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』Prologue Demo JRPGの新たなクラシックとなり得るか

スポンサーリンク

満を持して7月13日に発売されるNintendo Switch専用ソフト、『OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)』。

「HD-2D」と呼ばれる3Dとドットを組み合わせた独特で美麗なグラフィック、個性豊かな8人の主人公、戦略性のあるコマンドバトル、自由度の高い冒険、素敵なサントラと、個人的にはもう買うしかない!という感じの期待作です。

簡単に言うと、サガ+ブレイブリーデフォルト的なJRPGでしょうか。

楽しみすぎてしょうがないので、今更ながら序盤の3時間をプレイできるプロローグデモ(引き継ぎありの体験版)の紹介を書いて気持ちを鎮めることにしました。

www.youtube.com

スポンサーリンク

個性豊かな8人の主人公

今作では主人公が8人用意されていて、その中から1人を選んでゲームを開始します。

といっても8周しないといけないわけではなく、道中で他の主人公も仲間することができ、1回のプレイスルーで全員分のストーリーを堪能できるので心配ご無用。

逆に、誰も仲間にせず1人だけでクリアを目指す、という縛りプレイもできるかも?

現状では、最初に選んだ主人公はパーティーから外すことができなそうなので、とりあえず8人全員の第1章をクリアした後、あらためて誰から始めるかを検討したほうがいいかもしれません。

ちなみに僕は迷いに迷った結果、ハンイットをメイン主人公に選びました。

タイトルになっているOCTOPATH/オクトパスはタコではなく(タコはOctopus)、Octo(8つの)Path(道)、つまり8つの物語みたいな意味。

8人の主人公の頭文字にも対応しています↓

Ophilia/オフィーリア

Cyrus/サイラス

Tressa/トレサ

Olberic/オルベリク

Primrose/プリムロゼ

Alfyn/アーフェン

Therion/テリオン

H‘aanit/ハンイット

また、最初のキャラ選択画面でオフィーリアから時計回りに見ていくとO→C→T→P→A→T→Hになっていることが分かります。

オフィーリア・クレメント

f:id:b9msr3:20180703131539j:plain

光属性の攻撃魔法と回復・サポート魔法を使う、家族思いの神官。

フィールドコマンド「導く」でモブを1人だけ助っ人として連れ回し、固有アクション「加勢」でバトル中に呼び出せる。

オフィーリアの攻撃属性である、杖・光以外の属性を持った人を「導く」のが無難。

サイラス・オルブライト

f:id:b9msr3:20180703131627j:plain

炎・氷・雷の全体攻撃魔法を使う、学者先生。

いかに敵をブレイクしていくか、というのが今作のバトルのキモなので、戦闘開始時に敵の弱点をひとつだけ明らかにする固有アクション「予習」はかなり便利。

フィールドコマンド「探る」で、町に隠されたアイテムの発見、サブストーリーの解決に繋がる情報を入手することができます。

トレサ・コルツォーネ

f:id:b9msr3:20180703131757j:plain

槍・弓・風魔法を使う、好奇心旺盛な商人娘。

お金を支払い傭兵を呼び出して攻撃するコマンド「傭兵よび」が非常に協力で、金に糸目を付けなければ最強クラスの攻撃力を誇る。

商人のわざ「集金」や固有アクション「歩いてリーフ」でお金を貯めるのにも役に立つ。

フィールドコマンド「買取る」で、ショップに並ばない貴重なアイテムや、サブストーリーの解決に繋がるキーアイテムを買取ることができます。

オルベリク・アイゼンバーグ

f:id:b9msr3:20180703131846j:plain

剣・槍を使いこなす、亡国の剣士。

防御を強化する固有アクション「防御ブースト」や、敵の攻撃を引き付けたり防御力を上げたりするわざを持っているので、今作の手強いボス戦では頼れるタンク役のキャラ。

フィールドコマンド「試合」は、モブと1対1の試合をするというもの。倒すことで新たな道が開かれることも。

プリムロゼ・エゼルアート

f:id:b9msr3:20180703131950j:plain

短剣・闇・バフ系のわざを使う、復讐に燃える踊子。

パルプンテ的なわざも持っている。

オフィーリア同様、フィールドコマンド「誘惑」でモブを1人だけ助っ人として連れ回し、固有アクション「加勢」でバトル中に呼び出せる。

プリムロゼの攻撃属性である、短剣・闇以外の属性を持った人を「誘惑」するのが無難。

アーフェン・グリーングラス

f:id:b9msr3:20180703132018j:plain

斧・氷を使う、心優しい薬師。

調合素材を扱う固有アクション「調合」で、HP・SP・BP・状態異常の回復や、ブレイク狙いの属性攻撃が行える万能サポートキャラ。

反面、調合素材がない状態だとあまり活躍できない。

フィールドコマンド「聞き出す」で、町に隠されたアイテムの発見、サブストーリーの解決に繋がる情報を入手することができます。

テリオン

f:id:b9msr3:20180703132427j:plain

剣・短剣・炎・デバフ系のわざを使う、凄腕の盗賊。

行動速度が速く、敵からHP・SPを奪うスキルもあるので継戦力が高め?

固有アクション「開錠」で、鍵のかかった宝箱を開けられる唯一のキャラ。

フィールドコマンド「盗む」で、ショップに並ばない貴重なアイテムや、サブストーリーの解決に繋がるキーアイテムを盗むことができます。

ハンイット

f:id:b9msr3:20180703132454j:plain

斧・弓を使い、魔物を捕まえて使役する狩人。

固有アクション「捕獲」で敵として出てきた魔物を捕まえることができる(ボスや人間タイプの敵は捕獲不可)。

斧、弓以外の攻撃属性を持っている魔物を常に従えていれば、どんな敵にも対応できるためかなり強い(ただし対象を指定できないのが玉にキズ)。

魔物にはそれぞれ強さというパラメータがあるので、できるだけ強い魔物を常にストックしておくといい。

フィールドコマンド「けしかける」は、モブに魔物をけしかけバトルするというもの。倒すことで新たな道が開かれることも。

 

自由度の高い冒険

今作のいいところは、なんと言っても自由度が高いというところ。

通常この手のゲームは、主人公も、仲間キャラが加入する順番も、訪れる場所の順番も、レベルアップして覚えるアビリティの順番も、だいたいのことが決められています。

しかしこのゲームでは、誰から物語を開始するか、誰をどの順番で仲間にしていくか、アビリティをどの順番で覚えていくか、サブストーリーをどうやって攻略するかなどなど、あらゆる選択がプレイヤーに委ねられています。

例えばテリオンの町では、貧民層の反乱を阻止する、というサブストーリーがあります。

このサブストーリーは、テリオンの「盗む」を使って貧民たちから武器を盗み、それを衛兵に渡すことで反乱を阻止出来ます。

しかしそれ以外でも、アーフィンの「聞き出す」によって得た[生活向上の情報]を、貧民層のリーダーに伝えることによっても解決することが出来ます。

また、魚の乱獲を止めるというサブストーリーでは、まずアーフェンの「聞き出す」で犯人を特定し、ハンイットの「けしかける」で犯人を懲らしめることで解決できます。

別の方法として、酒場にいるモブから魚の好物である[エビのソース]を「買取る」で入手し、漁師に渡すことでも解決できます。

このように単なるお使いクエストとは違い解決策が一つではなく、複数のフィールドコマンドを組み合わせて解決に導くようなものもあり、サブストーリーの仕組みはかなり面白いと思いました。

一度訪れた町にファストトラベルできる機能もあり、快適な旅が楽しめそうです。

 

戦略性のあるコマンドバトル

今作のバトルは、「ブレイク」と、「コマンドブースト」という2つの要素により戦略性のある戦いが楽しめるコマンドバトルです。

敵にはそれぞれ弱点となる属性とシールドポイントというものが設定されています。

弱点を突くことでシールドポイントが減っていき、0になると「ブレイク」が発動。

「ブレイク」した敵は、1ターン行動不能となり、与えられるダメージが1.5倍ぐらいになります。

また「盗む」や「捕獲」といった成功確率が表示されるわざの成功確率が上がります。

「コマンドブースト」は、1ターンに1貯まるBPを使うことで、コマンドの強化ができるというもの。

「コマンドブースト」の効果は、以下の4つ(多分)。

・攻撃回数の増加(「たたかう」「傭兵よび」など)

・威力の増加(各種わざ、魔法コマンド)

・持続ターンの増加(バフ・デバフ・状態異常系のコマンド)

・成功確率の増加(「盗む」、「集金」、「捕獲」)

※アイテムなど一部ブーストできないコマンドもあります

BPは、MAX5以上は貯まらない、一度に消費できるのは3まで、コマンドブーストをした次のターンには貯まらない、という仕様なので、使いどころをよく考える必要があります。

「たたかう」をブーストして一気に「ブレイク」まで持っていくか、それとも地道に削っていって一気に大ダメージを与えるか、BPの管理が面白いです。

「ブレイク」するタイミングとしては、敵が行動済みのターンより、まだ行動していないターンのほうがお得感があります。

弱点攻撃して「ブレイク」して大ダメージを与える、この繰り返しで単調、という声がちらほらありますが、単調さ和らげるようなシステムはちゃんと用意されています(僕はそもそも単調だとはあまり感じませんでしたが)。

戦闘でノーダメージ、ブレイク発動、1ターンキルを達成すると、それぞれお金、経験値、JP(アビリティ取得に使うポイント)にボーナスがつくようになっているのです。

f:id:b9msr3:20180709153241j:plain

そのため単なる雑魚戦であっても、画面上部に表示される行動順と、敵の弱点および各主人公の攻撃属性を照らし合わせて、1ターンで倒せるかな?1ターンは無理でもノーダメならいけるかな?と、1戦1戦考えながら戦う楽しみがあります。

雑魚戦は短期決戦ですが、反対にボス戦はなかなか歯ごたえのある難易度になっていて、いつ「ブレイク」するか、いつ「コマンドブースト」を使うかのタイミングが非常に重要になってきます。

あまり考えずに戦っていると、あっという間に全滅に追い込まれることもあるかもしれません。

ボスはチャージ後に大技を放ってくることがありますが、「ブレイク」によってキャンセルすることができるので、いつでも「ブレイク」出来るよう備えておくと有利に立てます。

毒やデバフが有効なので、雑魚戦ではそれほど重要ではないサポートキャラも役に立ちます。

 

フィールドコマンド

フィールドコマンドによる人々との接触も今作の楽しさのひとつ。

道端にいるおばさんが高度な魔法を使えたり、おじいさんが実は元暗殺者だったり、両親が超役に立つアクセサリを持っていたりと、思いもよらない様々な発見があるので、町についたら片っ端からフィールドコマンドを試しているだけでも楽しいです。

上述したようにサブストーリーを解決する手段にもなっています。

f:id:b9msr3:20180709153213p:plain

またフィールドコマンドには、効果が同じで正道と邪道の2種類があります。

正道のフィールドコマンドはデメリットがない反面、レベルによる制限があります。

反対に邪道のフィールドコマンドはレベル制限がないものの失敗することがあり、一定回数失敗を繰り返すとその町での関係性が悪化するというデメリットがあります。

邪道のフィールドコマンドは、成功すれば正道よりも大きな効果を発揮することがありますが、関係性が悪化するとNPCはフィールドコマンドに対応してくれなくなるので、酒場で結構な額のお金を支払い関係性を修復してもらう必要があります。

 

気になったこと&懸念事項

ここまではいいところ・楽しいところを紹介してきましたが、最後に体験版をプレイして気になったところ(直してほしいところ)、懸念していることを書いておきます。

画面四隅のエフェクト

独特な雰囲気を醸している今作の「HD-2D」グラフィック。

個人的にこのグラフィックは超好きなのですが、画面中央から四隅に行くほど暗くなっていくようなエフェクトが施されているため、全体的にやや暗すぎるような気がします。

オプションで弱めに設定できるようにはなっていますが、いっそのこと無しにできてもよかったと思いました。

特に暗いダンジョンだと見にくいです。

 

仲間感が皆無

体験版は最序盤だからなのか、主人公同士のやり取りといったものは一切ありませんでした。

旅を共にしている仲間というより、たまたま一緒に行動しているだけの他人の集まりという感じで、なんだか寂しいです。

今後物語を進めていくなかで主人公同士のやり取りがあるのかないのか、8つの物語はそれぞれ独立した形で終わってしまうのか、気になります。

1つ1つの物語はそれぞれテイストが異なっていて面白そうですが、8つの物語が交錯する展開があったり、8人が共通の目的意識を持って臨む9つめの物語(またはサイドストーリー)があったらいいなと思います。

 

パーティー編成が面倒

主人公を全員仲間にしても、一緒に行動できるパーティーメンバーは4人まで。

しかもこのパーティーメンバーの編成は、町にある酒場でしかできません。

控えメンバーの装備品の確認や変更も酒場でしか行えないため、ちょっと不便。

また控えメンバーには経験値が入らないので、適度に入れ替えながら進めていかないと、ストーリー進行の前にレベル上げ作業をしないといけなくなりそう。

 

ジョブシステム

製品版では、デフォルトで設定されているベースジョブ以外に、バトルジョブというもう一つのジョブを選択できるようになるとのこと。

このジョブシステム、具体的にどうなっているのか、PVを見てもよくわからないんですよね(僕の理解力が低いだけ?)。

複数ジョブのわざを覚えて使うことが出来るのか、複数ジョブのサポートアビリティを装備できるのか、バトル中にジョブジェンジはできるのか、などなど。

個人的には、ベースジョブで用意されている8つ以外のジョブもあると嬉しいのですが。

 

ダンジョン

これも最序盤だからなのかどうかは分かりませんが、各ダンジョンがかなり短く、探索しがいがありません。

FF3のラスダンのように超長いしムズいダンジョンがあってもそれはそれで困りますが、今の3倍くらいの長さは欲しいところ。

 

その他ちょっとしたとこ

・「盗む」「買取る」で、モブから装備品を入手できることがありますが、そのときその装備品が今装備しているものと比べてどうなのかが、ひと目で確認できない

・UIが全体的に小さい

・アイテムを売買する際、複数のものをまとめて選択出来ないのでちょっと面倒

こんなところですかね。

発売が待ち遠しくてしょうがない!と今からワクワクが止まりません。

8人の主人公全員を仲間にしたセーブデータを準備して、製品版を楽しみに待っています!

まだ体験版をやっていない方はぜひともやってみてください。

コメント