『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』攻略に役立つ(かもしれない)こと

スポンサーリンク

今回は、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(隻狼)』を攻略していくうえで、おさえておきたいポイント、攻略TIPS的なことをご紹介していきます。

スポンサーリンク

体幹を削るべし

今作では体力の他に、体幹という要素があります。
敵の体幹ゲージは体力ゲージの下に表示されており(ボスの場合は画面上部)、この体幹ゲージをいっぱいにすることで赤いアイコンが表示され、一撃必殺の忍殺を決めることが出来ます。

雑魚の場合は残り体力に関係なく一撃で倒せるので、「体幹を削って忍殺を決める」というのが今作のバトルにおける基本中の基本となります(一応、忍殺を決めなくても体力を0にすれば倒せるようにはなっています)。

体幹を削る方法は主に以下の通り。

  • こちらの攻撃を当てる
  • こちらの攻撃をガードさせる
  • 敵の攻撃をガードする
  • 敵の攻撃を弾く

体幹に与えるダメージが最も大きいのは敵の攻撃を弾いたときなので、弾きはぜひともマスターしておきたいところ。
敵の攻撃が自分に当たる瞬間ではなく、それよりも気持ちちょっと早め、敵が武器を振ったときに押すような感じです。
早めにしておけば、もし弾きに失敗してもガードになるのでダメージを受けずにすみます。
敵ごとに攻撃のモーションは決まっているので、練習あるのみ。
焦らずタイミングよく。ガードボタン連打では弾きが発生しなくなります。

体力ではなく体幹を削りきれば勝ちなので、ガードされても攻撃の手を緩める必要はありません。
攻撃できるときは技や忍具を駆使してガンガン攻め立てましょう。
攻撃は最大の防御である、というのを念頭に置いてプレイしていくといいと思います。

注意しておきたいのが、敵もこちらの攻撃を弾いてくるという点。
弾かれたらすぐさま反撃が来るので、攻撃を中断し防御に集中しましょう。
敵の反撃を捌ききれば、またこちらが攻撃するチャンスです。

何回か攻撃する→弾かれる→敵のカウンター攻撃を弾く→反撃というのが基本的な戦い方になります。
体幹ゲージは時間経過によって回復してしまうため、ヒット&アウェイ戦法はオススメしません。

道を塞いでいるボスは、雑魚とは違い忍殺を規定回数決めないと倒すことが出来ません。
何回忍殺を決めれば良いのかは、画面左上の体力バーの上にある赤丸の数を見れば分かります(上画像では、規定回数は2回であと1回忍殺を決めれば倒せる)。

大抵のボスは2回忍殺を決める必要があり、苦戦必至です。
ボスによりますが、可能な限り開幕でステルスからの忍殺を狙っていきましょう。

敵の体力を減らすと体幹に与えられるダメージが上がり、体幹の回復力が下がります。
敵のなかには、攻撃を弾くだけでは体幹がすぐに回復してしまうものもいるため、攻撃を弾いた後のスキを突いて体力も削っていく必要があります。
反対に、攻撃を弾いているだけで倒せる敵も存在します。

もちろんこちらにも体幹ゲージがあります。
体幹ゲージがいっぱいになってしまっても忍殺はされませんが、少しの間無防備になってしまいます。
敵のコンボ中に体幹ゲージが削り切られるとそのまま攻撃を受け続けて死に至る場合もあるので、自分の体幹にも常に気を配っておきましょう。
体幹ゲージは、ガードボタンを押し続けることで早く回復します。

また、攻撃を受けた際によろけてしまうことがありますが、その際はガードボタンを押すことで体勢を素早く立て直すことが出来ます。

死なず半兵衛と修練すべし

拠点となる「荒れ寺」には、主人公と同じく不死である「死なず半兵衛」という人物がいます。

彼はその不死を活かして様々なアクションの練習台として斬られてくれます。
彼の親切を無駄にしないためにも、まずは彼との修練で、弾きや危険攻撃への対処といった基礎を体に覚えさせましょう。

「危」の攻撃には冷静に対処すべし

敵がガード不能の攻撃を使ってくるときは、頭上に「危」の文字が表示されます。
「危」の攻撃は、「突き攻撃」「下段攻撃」「掴み攻撃」の3種類があり、それぞれ対処方法が異なります。
敵がどの攻撃を行ってくるのかは、攻撃前のモーションによって判別できます。

突き攻撃

弾く、もしくはスキル「見切り」で無力化するというのが対処方法になります。
仕込み傘を使うことでガード/弾くことも可能です。

弾きだと敵との距離があいて反撃しにくくなってしまうので、可能な限り見切りでさばくのがおすすめです(体幹ダメージも大きいです)。
見切りは敵の方にステップすると発生します。
タイミングは、敵がこちらに突っ込んでくるとき。
判定は緩めですが、早すぎる/遅すぎると攻撃を食らってしまいます。

こちらとの距離が離れているときは突き攻撃がくる可能性が高いです。

下段攻撃

弾くことが出来ないため、ジャンプでタイミングよくかわすというのが対処方法になります。
攻撃範囲が広いためステップで回避するのは難しいです。
唯一仕込み傘によるガードが出来ない攻撃。

ジャンプでかわした直後に再度ジャンプボタンを押すことで、敵を踏みつけて体幹ダメージを与えることが出来ます。
そこからさらに刀や忍具での追撃が可能です。

また、仙峯脚/仙峯寺菩薩脚を習得している場合は、「危」が見えたときに発動することで、下段攻撃を回避しつつ体幹に大ダメージを与えられます。

掴み攻撃

弾くことが出来ないため、攻撃範囲から逃げるというのが対処方法になります。
吸い寄せるような判定が発生するため、回避が最も難しい攻撃だと思います。

前方に突進するようなものは左右に避ける、その場で掴むようなものは後方に避けるようにしましょう。

仕込み傘でガードすることが可能で、タイミングが合えば弾き判定が発生します。

戦場を観察し1対1の状況を作るべし

いくら殺人の技に長けた忍びであっても、2人以上の敵を相手取るのは無謀というもの。
雑魚といえどその攻撃には容赦がなく、多勢に無勢であっという間に殺されてしまいます。

しかし狼は、鉤縄という頼もしい相棒を持っています。
高所に登って戦場を観察し、どこに敵がいるのか、どうやってどの順番で排除すればスムーズに進めるのか、自分なりのルートを組み立てていきましょう。
敵が大量にいるエリアでは、無理に戦おうとはせずスルーして先に進んでしまうのも手です。
鉤縄が使えない場所でも、壁蹴り・ぶら下がりを使って登っていける場合があります。

万が一大勢の敵に見つかってしまったら、素直に逃げましょう。
忍者らしく敵の視界から忽然と消えることで、追跡を振り切ることが出来ます
追跡を中断した敵はそれぞれの持場へと帰っていくので、後を追ってすかさず忍殺したり、別ルートから突破したりといったことが出来ます。

敵の出現ポイント、移動ルートは固定されているため、一度成功したパターンはその後何回でも使えます。

どうやっても1対多の戦いになってしまうというところでは、アイテム「陶片」を使って敵を誘導するという手段が役に立ちます。
壁に張り付いたり、塀に捕まったりした状態でうまくこちらに敵を誘導できれば、そのまま忍殺を決めることが出来ます。
このときの忍殺は近くに敵がいてもほぼ気づかれないため、比較的安全に敵を排除していくことが可能です。
陶片を当てると、当たった敵だけでなくその近くにいる敵も引きつけることになる点には注意。

また、どうしても敵にすぐに気づかれてしまう、という場合は自らの存在を限りなく薄くする「月隠の飴」を使うのも効果的です。
この飴を使うと、通常では気づかれてしまうようなルートでも安安と突破できたり、忍殺を決めたりすることが出来ます。

フィールドは隅々まで探索すべし

フィールドには、NPCや新たな義手忍具、体力・体幹の強化に必要な数珠、イベントの進行に必要なアイテムなどがあちこちに配置されています。
義手忍具は特定の敵に対する攻略の要になってくるので、新たなエリアに進む前に、隅々まで探索しアイテムを回収しておきましょう。

敵の会話をこっそり盗み聞きすることも出来ます。
盗み聞きすることで、敵の攻略に役立つ情報や、イベントの進行にまつわる情報を得られます。

上の画像のように、人の形をした跡が付いた壁や、掛け軸がかかった壁は隠し戸になっているものがあります。
裏に部屋があったり、別のエリアに通じていたいて、貴重なアイテムを入手できます(平田屋敷の終盤や、葦名城の侍がいるところなど)。

鈴をもらったらすぐに使うべし

最序盤のエリア、「葦名城:城下」で1人めの侍大将~赤鬼の中間あたりにいる老婆から、アイテム「若様の守り鈴」をもらうことができます。
この鈴を「荒れ寺」の仏師がいるところの左側にある仏様にお供えすることで、過去の「平田屋敷」へとワープすることが出来るようになります。

この平田屋敷の前半エリアでは、盾を持った敵に有効な「仕込み斧」と、すぐ後に控えている赤鬼を含めた赤目の敵に特に有効な「火吹き筒」が手に入ります。

「平田屋敷」で登場するボスはどれも強敵揃いなので、2つの義手忍具をゲットしたら一旦現在に戻って進めたほうがいいでしょう。

義手忍具を使いこなすべし

入手できる義手忍具は、全部で10種(そこから強化によって派生していきます)。
義手忍具にはそれぞれ特徴があり、シチュエーションによって使い分けていくことが重要です。

例えば、手裏剣なら遠距離から犬や弓兵を安全に倒せますし、斧なら敵の盾を破壊することが出来ます。
仕込み傘は弾きのタイミングが難しい攻撃に対して非常に効果的です

遠慮なく回生すべし

今作では、一度死ぬと「回生を使ってその場で生き返るか」「回生を使わずそのまま死ぬか」の2択を選ぶことになります。
回生を使って生き返る際にデメリットはないので、基本的には回生を使うようにしましょう。

回生が出来る回数は体力の上にある赤い丸の数で表示されています。
鬼仏で休息することで1回、敵を倒して回生の力をためることで2回(初期は1回、ストーリーを進めてアイテムを使うと1回増加)の最大3回の回生チャンスが与えられます。

回生すると、最大体力の半分の状態で立ち上がります。
敵がすぐ近くいるまま回生した場合、立ち上がってすぐに攻撃されて死ぬということもあるので、ある程度敵が離れてから回生しましょう(一定時間内に回生しないとそのまま死んでしまう点には注意)
雑魚はこちらの回生に気づかない場合があり、背後から忍殺することもできます。

回生は、戦闘を継続するチャンスであると同時に、デスペナルティを受けずに一旦仕切り直しをするチャンスでもあります。
ちょっとしたミスで死亡したけど勝機は見えた、というときは戦闘を継続したほうがいいでしょう。
しかし、お金もスキル経験値も結構たまってるのに、回復薬は尽きていて勝ち目はなさそう、という場合は一旦鬼仏に戻り休息したほうがいいでしょう。

回生を1度使った後、ふたたび回生を使うには敵を倒す必要があります(回生アイコンに黒い線が入っていると使えない状態)。
ボス戦では、忍殺を決めることですぐさま回生が使えるようになります(そのため、2回忍殺が必要な敵に対しては最大で2回の回生チャンスがあります)。

ちなみに、死にまくっているとNPCが「竜咳」という病気にかかってしまいますが、イベントが進行しなくなるだけで死ぬわけではありません。
条件を満たした後は(竜咳にかかったNPCから血の塊をもらい、エマに渡してお守りをもらう)、お金さえあれば何度でも竜咳を治すことが出来るので、気にする必要はありません。

銭袋を買うべし

死んでしまった場合、所持していたお金の半分をロストしてしまいます。
ソウル/ボーンとは違い、取り戻す方法はありません。

物を売っているNPCからは、「銭袋」というアイテムを買うことが出来ます。
銭袋とは、使用することで一定量の銭が手に入るアイテムです(ソウル/ボーンでいう「〇〇のソウル」や「死血」に相当)。

銭袋は、その銭袋を使ったときに得られる金額+10%の金額で購入できます。
なんで10%余分に払って物を購入することを推奨してるの?と思われるかもしれませんが、ちゃんとした理由があります。
銭袋の説明に書いてあるとおり、銭袋に入ったお金は死亡してもロストしません。
つまり銭袋を購入するということは、+10%の保険料を払ってロストしないようにする、ということなのです。

お金をいますぐ使う予定はないけどロストしたくないというときは、銭袋を買うことでロストする金額を少しでも抑えることが出来ます

スキル経験値は死ぬ前にポイントにすべし

今作では、スキル経験値を一定量ためるとスキルポイントが獲得できる仕組みになっています。
死んでしまった場合、取得していたスキル経験値の半分をロストしてしまいます。
ソウル/ボーンとは違い、取り戻す方法はありません。

スキル経験値はロストしますが、スキルポイントはロストしません
死ぬかもしれない強敵と戦う、もしくは新しいエリアに入る前に、もうちょっとでスキルポイントになりそうという場合は、スキル経験値を稼いでポイントにしてから挑んだほうがいいでしょう。

スキル「命の呼吸・陽」を習得すべし

今作では、スキルポイントを使ってスキルを習得していくことができます。

様々なスキルの中で必須と言えるのが、前述した「見切り」と「命の呼吸・陽」。
「命の呼吸・陽」とは、忍殺を決めると体力が回復するというスキル。
回復アイテムの使用回数が限られているなかで、敵を倒すだけで回復できるというのは非常に大いので、早めに習得しておきましょう。
「旋風斬り」→「忍びの業・身業」→「命の呼吸・陽」という順番で習得できます。

スキルポイントは振り直すことが出来ないため、スキルの習得は慎重に。
他のおすすめスキルは、「気配殺し」「追い斬り」「空中義手忍具」「一文字」あたり。

首無し、七面武者はスルーすべし

首無し、七面武者という中ボスは、対処法が整っていないとろくにダメージが与えられません。
この2体と特定の忍具無しで真っ向から戦うためには、「紙吹雪」と「怖気消し」がほぼ必須です。
また、首無しと戦うときは移動速度が遅くなりステップができなくなるという枷もあります。

怖じ気という状態異常は凶悪で、攻撃を受けると怖気というゲージがたまっていき、マックスになるとどれだけ体力があっても死んでしまいます
攻撃をガードしても怖気ゲージがたまっていくため、非常に厳しい戦いを強いられます。
通常の攻撃はあまり役に立たず、「紙吹雪」による強化をしないとダメージが通りません。
しかし「紙吹雪」は終盤までは購入できず、入手頻度はそれほど高くはありません。

この2体と戦うのは、仕込み傘の強化版である「鳳凰の紫紺傘」を手に入れてからでいいでしょう。
紫紺傘を入手しスキル「放ち斬り」を習得していれば、紙吹雪も怖気消しも使わずに完封することが可能になります。

七面武者が飛び上がっているときはスキル「対空忍殺」が有効です。
体幹ゲージに関係なく忍殺を決めることができます。

首無しが瞬間移動したら、すかさず後ろを向きましょう。
後ろを向かなかったor後ろを向くタイミングが早たら、

PS4Xbox Oneゲーム
スポンサーリンク
関連コンテンツ
えむをフォローする
スポンサーリンク
えむ'sブログ

コメント

スポンサーリンク