『ジョーカー』を観てきました(微ネタバレ)

スポンサーリンク

バットマンの宿敵ジョーカーのオリジンを描いた映画、『ジョーカー』を観てきたので感想を。

あらすじ

精神障害と貧困に苦しみながらも、コメディアンになることを夢見るピエロ、アーサー・フレック。
クソガキ共にリンチにされ、精神障害のサポートが打ち切られ、ついには職を失ってしまう。
散々な日々だったが、ひょんなことからゴッサム・シティ全体を巻き込む一大ムーブメントの発端となり、彼の人生をひっくり返すような真実が明らかになる…

主人公のアーサー・フレックを演じるホアキン・フェニックスの演技はとてつもないし、ジョーカーになったあとはくっそカッコいいし、「唐突に発動する暴力シーン」フェチとしてグッとくるシーンが何度もあって面白かったのですが、絶賛されているほどは楽しめなかったというか、僕にはあまりピンときませんでした。

アーサーの言動が、ジョーカーになる前もなった後も人間臭くて、どうにもジョーカーっぽくない、というのが最大の理由。
唯一優しくしてくれた同僚は見逃してあげた、あこがれの人に笑いものにされたから殺した、といった、常人に理解できる行動を取っているんですよね。
アーサーが打ちのめされ悪に染まっていく様子が、観客が共感できたり納得できるよう丁寧に描かれているのですが、そもそもジョーカーは善悪だの倫理だのといった”常識”が全く通用しない、予測不能で狂気に満ち溢れた存在。
共感や納得といったところから、最も離れたところにいるのがジョーカーです。
そんなジョーカーがこうして誕生しました!と言われても、「う~ん、そうかな?別に狂ってなくない?」と思ってしまいました。「リアルにもっとヤバイやつが山ほどいるしな…」という感じ。
「ジョーカーの誕生を描いた映画」ではなく、「心優しい一人の男が非情な現実に打ちのめされ、次第に悪に染まっていく映画」ということだったらものすごく楽しめたのかもしれません。

途中までは現実と妄想が入り交じりつつのストーリー展開なのですが、中盤で「あれはアーサーの妄想だったんだよ」という説明シーンがあったのも、個人的には良くなかったのかなと。
衝撃的かつ決定的な出来事なのですが、じゃあこれから起こることも全てアーサーの妄想なんじゃないの?というしらけ感が生じてしまっていて、物語に入り込むことが出来ませんでした。
最後の最後まで、何がホントで何がジョークなのか全く判断がつかないような、観客をあざ笑うような作りになっていたほうが良かったかな。
最後まで観ると、実は最初から、もしくは途中からはアーサーの妄想だったのかもしれない、という含みがあるように思えるので、中盤の説明シーンは余計だったと感じました。

僕は、具体的にどこからというのはわかりませんが、途中からはアーサーの妄想だったんじゃないかな、と思いました(少なくとも、アーカム州立病院を訪れたあとからは妄想)。
どうしてそう思ったかというと、病院後の展開がどうにもアーサーにとって都合よく進みすぎているから。
誰にもバレずに母親を殺害できたり、恨んでいた同僚が偶然訪ねてきたり、デモのおかげで警察の追跡から逃げられたり、銃の所持がバレずにテレビに出演できたり。
よくよく考えると、時代設定は1981年なのに素人のスタンダップコメディが録画されてて、それがテレビに送られて話題になるというのも妙な話。
あと、登場したカウンセラーが2人とも黒人女性だというのも偶然ではないでしょう。

「ジョーカーの誕生を描いた映画」ということそのものが、制作陣によるジョークという可能性もあるのかなとも思いました。

映画
スポンサーリンク
関連コンテンツ
えむをフォローする
スポンサーリンク
えむ'sブログ

コメント

スポンサーリンク