2018~19年期待の新作ゲームタイトルまとめ

今年もE3で多くの新作ゲームが発表されました。

そこで、個人の独断と偏見で、2018~19年に発売予定の新作ゲームタイトルをまとめてみました。

日本が舞台となっているゲームが3本もあるというのは、日本人としてかなりうれしいです。

※直近に発売予定のゲーム(『OCTOPATH TRAVELER』など)は除外しています。

“2018~19年期待の新作ゲームタイトルまとめ” の続きを読む

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の謎(ネタバレ注意)

ド派手なアクションと個性的なキャラクター同士の化学反応、そして大きな衝撃を与えてくれた傑作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。

これからのMCUがどうなっていくのか非常に気になるところですが、今作にもいくつか気になるところがあります。

以下、もちろん今作のモロネタバレをしています。

“『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の謎(ネタバレ注意)” の続きを読む

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』感想(ネタバレなし) 石ころと指パッチンを巡る壮絶な戦い

f:id:b9msr3:20180428084337p:plain

原題:Avengers: Infinity War

監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ

出演:ロバート・ダウニー.Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、ほか

上映時間:2時間30分

公開年:2018年

“『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』感想(ネタバレなし) 石ころと指パッチンを巡る壮絶な戦い” の続きを読む

『ゴッド・オブ・ウォー(2018)』感想 世界一高い山を目指す親子の旅

f:id:b9msr3:20180423125103j:plain

外伝も含めれば7作目のGOWシリーズ最新作。

時系列で並べると、アセンション→落日の悲愴曲→1→降誕の烙印→2→3→今作。

このシリーズは僕が最も好きなゲームシリーズの1つで、E3の発表からずっと楽しみにしていました。

システムが一新されているので、プレイ感はこれまでとは全く違うものになっています。

しかし、主人公であるクレイトス、ブルータルなアクション、神話の世界、壮大な仕掛けのあるマップ、ちょっとした謎解き、ド派手なボス戦、といった核の部分はしっかりと受け継がれており、やっぱりまごうことなきGOWシリーズの一作という感じです。

“『ゴッド・オブ・ウォー(2018)』感想 世界一高い山を目指す親子の旅” の続きを読む

『レディ・プレイヤー・ワン』感想 パスワードは紙に書いてそこら辺に貼ったらダメ

f:id:b9msr3:20180420203449p:plain

原題:Ready Player One

監督:スティーブン・スピルバーグ

原作:アーネスト・クライン著『ゲームウォーズ』(原題『Ready Player One』)

出演:タイ・シェリダン、オリヴィア・クック、ベン・メンデルソーン、ほか

上映時間:2時間20分

公開年:2018年

映画・アメコミ・洋ゲーが好きな自分にとっては、ニヤニヤが止まらないまるで夢のような映画でした。

“『レディ・プレイヤー・ワン』感想 パスワードは紙に書いてそこら辺に貼ったらダメ” の続きを読む

レビュー『二ノ国Ⅱ レヴァナントキングダム』のいいとこ悪いとこ

3月23日に発売されたLEVEL5の最新作、『二ノ国Ⅱ レヴァナントキングダム』。

子どもから大人まで、万人にオススメできる良ゲーだと思います(凝りに凝った複雑なシステムとか、苦労の末の達成感、みたいなものを求めている人にはオススメできません)。

プレイしていて個人的にいいと思ったところ、逆にだめと思ったところを箇条書きスタイルでまとめていきたいと思います。

“レビュー『二ノ国Ⅱ レヴァナントキングダム』のいいとこ悪いとこ” の続きを読む

『ベヨネッタ2(Switch版)』感想/レビュー 美しき魔女が天使も悪魔もぶっ倒す∞クライマックスアクションゲーム

f:id:b9msr3:20180319173313j:plain

WiiUで発売されていたものが、Switch用に最適化されて登場。

WiiU版はやってないのでそちらとの比較はできませんが、グラフィック、フレームレート、操作性などかなり完成度が高いです。

前作『ベヨネッタ』の基本的な部分はそのままに、悪かった部分を改善した、まさに正当進化した続編といった感じです。

“『ベヨネッタ2(Switch版)』感想/レビュー 美しき魔女が天使も悪魔もぶっ倒す∞クライマックスアクションゲーム” の続きを読む

『アナイアレイション 全滅領域』 美しさと不気味さが織りなす独特の面白さ

f:id:b9msr3:20180313121103p:plain

原題:Annihilation
監督・脚本:アレックス・ガーランド
原作:ジェフ・ヴァンダミア著『サザーン・リーチ1 全滅領域』
出演:ナタリー・ポートマン、ジェニファー・ジェイソン・リー、テッサ・トンプソン、ほか
上映時間:1時間55分
公開年:2018年

『エクス・マキナ』のアレックス・ガーランド監督最新作。
本国では劇場公開されていましたが、日本ではNetflixスルーになった作品。

色んなジャンルの要素が混ざった不思議で面白い映画でしたが、ショッキングなグロシーンが2箇所ほどあるため、そういうのが苦手な人は注意。

原作は未読。

“『アナイアレイション 全滅領域』 美しさと不気味さが織りなす独特の面白さ” の続きを読む

『ニーア オートマタ』感想/レビュー 荒廃した世界で機械が頑張るARPG+STG

ニーア オートマタ - PS4

スクエニと、アクションには定評のあるプラチナゲームズがタッグを組んだオープンワールドARPG。

前々から気になってはいたんですが、PSストアにて1周年記念セールで50%オフだったので購入。

『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の続編という位置づけみたいですが、7年も前にやったゲームなので、内容はほとんど覚えてません。

そんな僕でもまあまあ楽しめたので、前作はプレイしていてもしていなくても問題無いと思います。

“『ニーア オートマタ』感想/レビュー 荒廃した世界で機械が頑張るARPG+STG” の続きを読む