Xbox Game Passのおすすめゲームラインナップを一挙紹介!

説明不要の大作からインディーズまで、200本以上のゲームが遊び放題のサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」。

ここでは、そんなXbox Game Passで遊ぶことのできるゲームの中から、個人的にオススメしたいラインナップを、ジャンル別にさくさくっと紹介していきます!

タイトルに★がついているものは、中でもイチオシのゲームです。
参考にしてみてください。

※Xbox コンソールユーザー向けの内容になっております。

※日本ストアでは配信されていないものも載せています。
地域設定を変更して遊んでください。

※ここでのジャンル分けはぼく個人の独断によるもので、公式のジャンル分けとは異なります。

スポンサーリンク

RPG

★FINAL FANTASY XII The Zodiac Age

(ぼくの中では)FFシリーズ最高傑作との呼び声高い、FF12のリマスター版。

高解像度化に加えて、ライセンスボードの初期化、2・4倍速モードなどなど、PS2版と比べてQoLが劇的に向上しています。

条件とアクションの組み合わせでパーティーメンバーの行動を制御できる「ガンビットシステム」が革新的。

※日本ストア未配信

The Outer World

ブラック企業が支配する星系を舞台にした、一人称視点のシューターRPG。

マスエフェクトとフォールアウトのいいとこ取りをしたようなゲーム。

NPCとの接し方からクエストのクリア方法に至るまで様々な選択肢が用意されており、善人になるもよし悪人になるもよしの自分だけの「ロールプレイ」が楽しめます。

★OCTOPATH TRAVELER

Nintendo Switch、Steam向けのタイトルとしてリリースされていたJRPGがなんとXbox、Win10にも登場。

昔ながらのドット絵に奥行きや立体感や現代的なエフェクトを取り入れた「HD-2D」による懐かしくも新しいグラフィック、ブレイクやブーストといった駆け引きが重要な戦略性の高いコマンドバトル、素晴らしすぎるサントラを楽しめる一作。

Monster Sanctuary

ポケモンとメトロイドヴァニアをかけ合わせたようなコマンドバトルRPG。

異なるスキルツリーを持つ多彩なモンスターの収集・育成、装備とモンスターの組み合わせによって難度が大きく変わる戦略的なコマンドバトル、モンスターのアクションを駆使して進むダンジョン探索が一度に楽しめてしまう一作。

SCARLET NEXUS

2人の主人公の視点から描かれるストーリーと、超脳力を駆使した爽快な戦闘システムが特徴のアクションRPG。

詳しい感想はこちらから↓

★The Elder Scrolls V: Skyrim

発売から10年経った今でも絶大な人気を誇るアクションRPGの金字塔。

広く深い底なし沼のようなゲーム。ハマると危険。

グラフィックや操作感、UI等に古臭さを感じる部分もありますが、MODをサポートしているので自分好みのカスタマイズも可能。

ちなみに、現時点では日本語版だけSeries X|Sへの最適化が行われていません。
高解像度・60fpsでプレイしたい場合は海外版をインストールしましょう(日本語には対応してませんが)。

ドラゴンクエストビルダーズ2

ドラクエの世界で繰り広げられるマインクラフト。時間泥棒ゲー。
島々を巡って素材やレシピ、住人を集め、家を作り作物を育て自分だけの島を作り上げよう。

指示に従ってストーリーを進めていかないと出来ることが増えないので、ある程度の辛抱強さが必要になります。
はじめからマイクラのような自由度の高さを求める人には不向きかも。

アクション

A Plague Tale: Innocence

黒死病が蔓延するフランスで、元貴族の娘アミシアが病弱な弟ユーゴくんを守るために頑張るステルスアクションゲーム。

ステルスとパズルが組み合わさったハラハラするゲームプレイ、先が気になるストーリー、美麗なグラフィックが堪能できます。

『The Last of Us』のような雰囲気のゲームが好きな人におすすめ。

Batman: Arkham Knight

完全シームレスで構築されたゴッサムシティを舞台に、バットマンになりきってヴィラン達の野望を阻止すべく奔走するオープンワールドアクションゲーム。
アメコミヒーローゲームの常識を覆した傑作『アーカム・アサイラム』から始まった、バットマン:アーカムシリーズの完結編。

今作で初めてバットモービル(もといバットタンク)を乗り回すことができるようになりました。
バットマンとか別に興味ないし…という人にもぜひプレイしてもらいたい一作。

※日本ストア未配信・日本語未対応

Hellblade: Senua’s Sacrifice

『ヘブンリーソード』、『DmC』でお馴染みのNinja Theoryが手掛けたアクションゲーム。

幻聴や幻覚といった精神疾患の症状をギミックとして取り入れた、挑戦的でユニークな傑作。

ゲーム的な画面情報の一切を排除した没入感の高いゲームプレイ、北欧神話をベースにしたダークで不気味な世界観が特徴。

ゲーム開始時にも注意書きがありますが、ヘッドホン/イヤホンの使用は必須です。

続編『Senua’s Saga: Hellblade 2』がSeries X|Sで発売予定です。

※日本ストア未配信

★Psychonauts 1&2

カルトな人気を誇る、サイキック少年の活躍を描いた3Dプラットフォーマーアクション・アドベンチャーのシリーズ。
16年の時を経て、ついに待望の続編がリリース!

サイケな精神世界を描いた奇想天外なレベルデザイン、ユーモアあふれるストーリー、様々な超能力を活用したアクションが楽しめる傑作。

1作目は16年も前の作品なので、グラフィックや操作性などに時代を感じるところもありますが遊んでみてほしいです。
2作目は2021年を代表する傑作の1つだと勝手に思っています。マジおすすめ。

※日本語未対応

★Sunset Overdrive

『ラチェット&クランク』シリーズでおなじみのInsomniac Gamesが手がけたオープンワールドアクション。

電線やガードレールなど、あらゆるオブジェクトを利用した軽快な移動アクションと、ド派手で珍妙な武器を駆使した爽快感あふれるゲームプレイが特徴。

イカれたキャラにメタネタ・パロネタ盛りだくさん、というノリが好きな人におすすめ。

The Surge 2

ソウルライクなSFアクションRPGの第二弾。
一応ストーリーは繋がっていて前作の主人公ウォーレンも出てきますが、今作からやっても問題なし。

敵の部位を切断し装備やパーツを奪い取るという、ユニークかつ爽快なシステムは健在。

敵の攻撃の方向に合わせてスティックを入力して弾く、指向性ガードというシステムが新たに追加され、戦闘の緊張感と楽しさがアップ。

武器の種類とマップのバリエーションも増え、まさに正当進化といった出来栄え(ボス戦だけは前作のほうが良かったですが)。

※日本語未対応

Yakuza(龍が如く)シリーズ

伝説の極道、桐生一馬の活躍を描いたアクションRPG(7は主人公が変わり、バトルシステムもコマンドバトルRPGに)。

ながらくPS独占タイトルでしたが、前日譚の0から最新作の7まで、ナンバリングタイトルは全てゲームパスで遊べるように(1と2はリメイク版)!

イベントシーンが長すぎる、スパアマゴリ押しのボスがウザすぎるといった欠点はあるものの、実在の日本をモデルにした街を舞台に、ヤクザとやり合ったりカラオケしたりゲーセンで遊んだりできる唯一無二のシリーズ。

アクションが好きなら0、コマンドバトルが好きなら7が特にオススメ。
ちなみにキャバ嬢が一番可愛いのは5。

MSストアでは、7以外はなぜか海外と同じ「Yakuza」表記で配信されています。

ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator

銃を装備して撃ちまくったり、待ちゆく人に鹿の角を生やして手下にしたり、二足歩行になって爆走したり、首を伸ばして立体機動したりできる、ごく”普通”の鹿になって楽しむゲーム。

サイバーシャドウ

忍者龍剣伝を彷彿とさせる、2D横スクニンジャアクション。

硬派なレトロゲーをスタイリッシュかつ遊びやすく再構築した感じのゲームで、アクションに自信があるという人にはぜひおすすめしたい一作。
ステージクリア型ですが、後のステージで習得したアクションが無いと取れないところにもアイテムが配置されていて、若干メトロイドヴァニアチックな部分もあります。

★バンジョーとカズーイの大冒険

かつてNintendo 64でリリースされた名作。

クマとトリの凸凹コンビを操作して、ステージに散らばるオンプとパズルピースを集めながら進んでいく、箱庭アクションゲーム。

未だにBGMは覚えているしモノマネもできるぐらい、個人的には思い入れの深いゲームです。

要素を盛りすぎて肥大化した『2』、乗り物アクションという謎の変貌を遂げた『ガレージ大作戦』は好みが分かれそう(ぼくはどちらも好きです)。

シューター

The Ascent

サイバーパンクな世界観を舞台に繰り広げられるツインスティックシューターRPG。

バッキバキに作り込まれたフィールドと、ド派手で爽快感抜群な戦闘が特徴。

RPG要素は薄めで、ディアブロライクなルートシステムではない点には注意。

Control

ものを投げつけたり、空を飛んだりといった超能力を駆使して、”ヒス”と呼ばれる謎の敵と戦うTPS。

超能力攻撃の爽快感もさることながら、ほぼ全てのオブジェクトがリアルに破壊可能というディティール面が素晴らしい。

ストーリーは正直言ってよく分かりませんでしたが、そんなことはどうでもいいと思えるぐらいアクションが楽しい一作。

残念ながら、Series X|S最適化バージョンはGame Pass対象外。

★DOOM Eternal

カツカツなリソース管理と最適な武器選択でもって、殺意高めな雑魚集団を千切っては投げ千切っては投げしていくハードコアFPS。

2016年に発売された新生『DOOM』の続編で、ぼくの中ではここ数年でプレイしたFPSのうちで最も面白かったタイトル。

慣れるまではけっこう難しめなので、簡単な難易度から始めるといいかも。

Gears of War シリーズ

前傾姿勢で遮蔽物から遮蔽物へと移動し敵を倒していく「カバーシューター」を世に広めたと言ってもいいTPSシリーズ。

スピンオフの『Judgement』、初代のリメイク『Ultimate Edition』も含めて全7作品(ストラテジーの『Gears Tactics』を合わせれば8作品)。がプレイできます。
ジェットコースターに乗っているかのようなスピーディーな展開にド派手な演出、容赦のないゴア描写、印象的なキャラクターたちによる掛け合いが特徴。

Series X|Sでは、fpsブーストの対応によってシリーズ全作が60fpsに対応しました!

※『Gears of War 2』、『Gears of War: Ultimate Edition』のみ日本ストア未配信・日本語未対応

Halo: The Master Chief Collection

家庭用ゲーム機におけるFPSに多大な影響を与えた伝説のFPSシリーズHaloの、『CE』『2』『3』『3: ODST』『Reach』『4』計6作品をまとめて楽しめる傑作。
もちろんマルチプレイヤーも遊べます。

ちなみにぼくは『Reach』が一番好きです。

★Halo Infinite

前作から約6年、ついにマスターチーフが帰ってきた!

バニッシュトが占拠するゼータヘイローを舞台にしたセミ・オープンワールドで、かつて無いHaloを体感しよう。

詳しい感想はこちら↓

Remnant: From the Ashes

ソウルライクなTPS。

ボスとダンジョンの組み合わせがいくつかあり、1周しただけでは全てのボスとは戦えない、というのが特徴。

とりあえず雑魚を投入しとけばいいか的なボス戦に少しイラッとするものの、装備品はバリエーションに富んでおり、手応えのある戦闘を楽しめます。

※日本語未対応

Sniper Elite 4

エリート・スナイパーとしてイタリア各地をめぐり、ナチスの計画を阻止するため工作活動(もとい殺戮)を行うTPS。

1つ1つのマップがかなり広く、目標を達成する手段・ルートがいくつも用意されているので、自由度もリプレイ性もかなり高め。

メタルギアやヒットマンシリーズが好きな人には特におすすめ。

タイトルにはスナイパーとありますが、一切狙撃はせずスネークばりのステルス&CQCで進めていくことも可能です。

キルカメラ時におけるモータル・コンバットばりの人体破壊描写も見どころ。

※日本ストア未配信・日本語未対応

Wolfenstein シリーズ

MSによるゼニマックスの買収に伴い、新生Wolfensteinシリーズ(「The Old Blood」「The New Order」「The New Colossus」「Youngblood」)が遊び放題に。

第二次大戦にナチス・ドイツが勝利した悪夢的な世界線を舞台に、ナチスの支配から世界を救うべくB.J.ブラスコビッチとして奮闘するFPS。

「Youngblood」はともかく、それ以外の3作品はかなり面白いのでオススメです。

メトロイドヴァニア

★Hollow Knight: ヴォイドハート・エディション

非常に可愛らしいビジュアルとは裏腹に、中身は非常にタフなメトロイドヴァニア。

ここで紹介しているメトロイドヴァニアの中では、最も遊び甲斐のあるゲームであり、ぼくの一番好きなゲームでもあります。

ソウルライクな世界観、手に汗握る戦闘と探索が特徴で、高難度でやりがいのあるゲームを求めている人におすすめ。

★Ori シリーズ

美しく幻想的なアートが魅力のメトロイドヴァニア。

なめらかな手書き風アニメーション、思い通りに動く快適な操作性、シンプルながら胸を打つストーリーとそれを彩るサウンドトラックが特徴。

1作目と2作目ではゲームプレイのテイストが異なり、1作目は死にゲーに近い高難度なプラットフォーマー、2作目は戦闘とプラットフォーマーが半々で様々な要素が『ホロウナイト』に似ています。

★Unsighted

クラシックなゼルダ+ダクソ+Hyper Light Drifter+CrossCodeみたいなメトロイドヴァニア。

決まった順序があるようで無いようなレベルデザインとそこかしこにある探索要素、骨太なアクションが楽しめます。
パーフェクトパリィを軸に戦わないとキツい戦闘難易度、刻一刻と迫る時間制限は人を選ぶ要素かもしれません。

引き継ぎ2周目や、ローグライクなダンジョンレイド、ボスラッシュモードも搭載されており、やりこみ要素も充実。

ロードス島戦記-ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-

敵の攻撃属性に合わせて、風と炎の属性を切り替えながら戦うユニークなシステムが特徴のメトロイドヴァニア。

ロードス島戦記の知識が無いと、知らないキャラがバンバン出てきてストーリーが飲み込みづらかったです。

ローグライク

Children of Morta

山の神が引き起こす”穢れ”に抗うBergson一家の戦いを描いた、アクションRPG。

プレイ感が異なる7人のプレイアブルキャラクターと、ダンジョン内のランダム要素やサイドクエスト、死んでも進むストーリーのおかげで、繰り返し遊ぶのが苦にならないようになっています。

細やかで美しいドット絵、家族の絆を描いたストーリーがグッドです。

★Dead Cells

多種多様な装備品、ステータス強化、変異の中から自分だけの組み合わせを見つけて、殺意高めな敵で溢れるダンジョンの踏破を目指す、高難度のローグヴァニア(ローグライク+メトロイドヴァニア)。

とにかく死にまくりますが、プレイヤーの成長が着実に感じられるタイプのゲーム。

パリィをうまく使いこなす、敵を全部倒そうとはしない、ステータス強化は1色または2色に絞る、回復薬のアップグレードが最優先、ドアは勢いよく開けて突破する、のが攻略のコツ。

一周クリアまでがチュートリアル。

Enter the Gungeon

銃を片手に撃って撃って撃ちまくりダンジョンの深部を目指す、高難度の弾幕系シューティングアクション。

可愛いドット絵とは裏腹にかなりハードコアな難易度なので、アクションシューティングが得意でない人には全くおすすめできません。

おもしろ銃をバカスカ撃ちまくってストレス発散するゲームではなく、敵の攻撃をちゃんと避けて弾丸を正確に撃ち込んでいくゲームなので、好き嫌いは分かれそう。

★Hades

2020年におけるGOTYを総なめにしてきたローグライクアクション。

爽快なアクション、ランダム要素によるリプレイ性というゲームプレイ部分のクオリティが高いだけでなく、サイドキャラクターのセリフ量が尋常じゃないほどあり、嫌というほどプレイヤーのモチベを高めてくれる。

恒久的な強化項目が多く、死ぬたびに被ダメが軽減されていく「ゴッドモード」もあり、万人に開かれた難易度設計なので、この手のジャンルに苦手意識を持っている人にもおすすめしたい傑作。

★Monster Train

「Slay The Spire」チックなカードバトルにタワーディフェンス的な要素をミックスしたローグライクカードゲーム。

極寒の地となった地獄を救うべく薪を積んで爆走する列車を、迫りくる天使軍から防衛する、という設定。

異なるデッキセット、チャンピオンを持つ5つのクランから2つを選んでランを開始するというシステムのおかげで、周回プレイが単調になりにくく中毒性も高めです。

ラン開始時にラスボスの特性が判明しているので、それに備えてデッキビルドを考えていくというのが特徴的。

※日本語未対応

Moonlighter

日本語版のタイトルは『ムーンライター 店主と勇者の冒険』。

ダンジョンに潜って敵を倒しアイテムを収集する冒険パートと、客の反応を伺いながら価格設定を行い採集したアイテムを販売する店舗経営パート、2つのパートで構成されているアクションRPG。

ゲーム序盤では手に入るアイテムの販売価格が低いので、店舗の拡張も装備の強化も少しずつしかできませんが、ゲームが進むにつれて財布にも攻略にも余裕が出て楽しくなってくるはず。

★Slay The Spire

それぞれ異なる特性およびカードが用意された4人のプレイアブルキャラクターから1人を選び、塔を上り詰めていくローグライクなターン制カードゲーム。

ゲーム性は非常にシンプルですが、ランダム性と戦略性がうまい具合に噛み合ったデッキ構築がかなり奥深く、1周がかなり短め。それ故に中毒性が高いので注意。

ストラテジー/シミュレーション

★Desperados Ⅲ

リアルタイムステルスストラテジーシリーズの最新作。

開発は『Shadow Tactics』を手掛けたMimimiで、ゲームシステムはほぼほぼ同じ。

ストーリーは1作目よりも前のオリジンストーリーとなっているので、シリーズ初挑戦でも楽しめます。

敵の監視網が非常に厳しく頭のひねり甲斐がありすぎるので、この手のゲームを初めてプレイするという場合は、イージーから徐々に慣れていくのがおすすめ。

★Frostpunk

急激な寒冷化によって極寒の地となったイギリスで、生存者を束ねるキャプテンとして四苦八苦するハードコアな街づくりサバイバルストラテジー。

住民の希望と不満に気を配り、街を整え、作業場に労働者を配備し、カツカツなリソースを管理し、法律を制定し、とやるべきことが盛りだくさんでなかなか忙しく楽しい。

ただでさえ難しいのに基本的なチュートリアルが用意されていないので、何度もゲームオーバーになりながら覚えるぐらいの覚悟が必要。

シナリオ選択からは難易度を変更できるので、イージーから始めて流れを掴むのが良いかもしれません(「難民」と「ウィンターホームの滅亡」は特に難しいので後回しにしたほうがいいかも)。

Gears Tactics

初代Gearsよりも過去の出来事を描いたスピンオフ作品で、TPSではなくXCOMのシステムによく似たターンベースストラテジー。

主人公ゲイブは、4以降のメインキャラクターとして登場しているケイトの父親。

ローディーランからのカバーや、ランサーによる処刑、敵が湧いて出るローカストホールなど、様々なギアーズ要素をうまくXCOM風ストラテジーとして落とし込んだ一作。

Halo Wars 1&2

Haloの世界観で繰り広げられるRTS。

チーフ以外のスパルタンⅡの活躍が見られる貴重なゲームであり、コンソールで出来る数少ないRTSとしても貴重なゲーム。

Wars 2で初登場した敵組織「バニッシュト」と最強のブルート「アトリオックス」は、『Halo Infinite』でも敵として登場するので、Inifiniteの前にWars 2をプレイすることをおすすめします。

その他

★Forza Horizon 4&5

ドライブの楽しさがギュッと詰まった世界最高のオープンワールドドライビングゲームシリーズ。

4の舞台はイギリス、5の舞台はメキシコ。
ゲームプレイ部分にはほとんど変化がないので、お好きな方を(個人的には5を激推しします)。

時間と天候だけでなく季節も変化するようになり、1粒で4度美味しい!(季節は一週間ごとに変わります)

どこを走っても楽しいマップデザイン、大量の車種、大量のレースイベントにチャレンジに加えて、シーズンイベントにマルチプレイと、延々遊べてしまう驚きのボリューム。

Unpacking アンパッキング

引っ越しの荷解きをひたすらするだけのパズルゲーム。

モノを置くときの心地よいサウンド、部屋や荷物の変化から人物の状況や心情などが伝わってくるじんわりとしたストーリー描写が特徴的。

逆におすすめしないゲーム

プレイしてみたけどこれはおすすめできないかな…と感じたゲームも一応紹介しておこうかと思います。

Astria Ascending(アストリア アセンディング)

「なんでこんな仕様になってんだろ?」という部分がかなり多く、非常にストレスフルなJRPG。
急勾配すぎる序盤の難易度曲線、単調すぎて作業でしかないボス戦、かったるい会話シーン、不親切なUIなどなど次から次へと不満ポイントが積み重なっていきました。
15時間ほど遊びましたが、モチベーションが保てずリタイア。

D&D Dark Alliance

D&Dの「アイスウィンド・デイル」をベースにしたアクションRPG。
フレンドと遊べばそれなりに面白いらしいですが、これをプレイするぐらいなら『アンセム』『アベンジャーズ』『アウトライダーズ』あたりをプレイしたほうがよっぽど楽しめると思います。

コメント