Xbox Game Passのおすすめゲームラインナップを一挙紹介!

説明不要の大作からインディーズまで、100本以上のゲームが遊び放題のサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」。

ここでは、そんなXbox Game Passで遊ぶことのできるゲームの中から、個人的にオススメしたいラインナップを、ジャンル別にさくっと紹介していきます!

タイトルに★がついているものは、中でもイチオシのゲームです。

随時更新。

※Xbox Oneユーザー向けの内容になっております。

※日本ストアでは配信されていないものも載せています。
地域設定を変更して遊んでください。

※ここでのジャンル分けは、ぼく個人の独断によるもので、公式のジャンル分けとは異なります。

スポンサーリンク

RPG

The Outer World

The Outer Worlds – Official Launch Trailer

ブラック企業が支配する星系を舞台にした、一人称視点のシューターRPG。

マスエフェクトとフォールアウトのいいとこ取りをしたようなゲーム。

NPCとの接し方からクエストのクリア方法に至るまで、様々な選択肢が用意されており、善人になるもよし悪人になるもよしの自分だけの「ロールプレイ」が楽しめます。

★ウィッチャー3 ワイルドハント

PS4/Xbox One ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームプレイトレーラー

アンドレイ・サプコフスキによる小説がベースになっているアクションRPGの超傑作。
シリーズの3作目ですが、過去作をやっていなくても楽しめます。

次から次へと発生する興味深いサイドクエストの数々に追われ、メインストーリーが全く進まない…そんなゲーム。

2つの拡張DLCはどちらも”DLC”の枠を超えたスケールとクオリティなので、こちらもおすすめ。

カードを使ったミニゲーム「グウェント」は、人気すぎてスタンドアロンゲームになるほど。
※グウェントとTRPGをフュージョンさせたスピンオフ作品『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』もGame Passで配信予定らしいです。

スポンサーリンク

アクション

A Plague Tale: Innocence

A Plague Tale: Innocence – Launch Trailer

黒死病が蔓延するフランスで、元貴族の娘アミシアが病弱な弟ユーゴくんを守るために頑張るステルスアクションゲーム。

ステルスとパズルが組み合わさったハラハラするゲームプレイ、先が気になるストーリー、美麗なグラフィックが堪能できます。

『The Last of Us』のような雰囲気のゲームが好きな人におすすめ。

Batman: Arkham Knight

Official Batman: Arkham Knight Launch Trailer

完全シームレスなゴッサムシティを舞台に、バットマンになりきってヴィラン達の野望を阻止すべく奔走するオープンワールドアクションゲーム。

『アーカム・アサイラム』から始まったアーカムシリーズの完結編。

今作で初めてバットモービルを乗り回すことができるようになりました。

バットマンとか別に興味ないし…という人にもぜひプレイしてもらいたいです。

※日本ストア未配信・日本語未対応

Hellblade: Senua’s Sacrifice

Hellblade: Senua's Sacrifice | Xbox One Trailer

『ヘブンリーソード』、『DmC』のNinja Theoryが手掛けたアクションゲーム。

幻聴や幻覚といった精神疾患の症状をギミックとして取り入れた、挑戦的でユニークな傑作。

ゲーム的な画面情報の一切を排除した没入感の高いゲームプレイ、北欧神話をベースにしたダークで不気味な世界観が特徴。

ゲーム開始時にも注意書きがありますが、ヘッドホン/イヤホンの使用は必須です。

続編『Senua’s Saga: Hellblade 2』がSeries Xで発売予定です。

※日本ストア未配信

Minit

Minit – Release Date Announcement Trailer

手に入れたアイテムを駆使してギミックを解いて進んでいく、クラシックなゼルダっぽいアクションゲーム。

1分が経過すると強制的にチェックポイントまで戻されてしまう、というユニークなシステムが特徴。

クリアするだけなら1時間ぐらいで出来ますが、寄り道要素やNG+も含めるとそこそこな遊び甲斐があります。

Sunset Overdrive

Sunset Overdrive – ローンチ トレーラー

『ラチェット&クランク』シリーズでおなじみのInsomniac Gamesが手がけたオープンワールドアクションゲーム。

電線やガードレールなど、あらゆるオブジェクトを利用した移動アクションと、ド派手な武器を駆使した爽快感あふれるゲームプレイが特徴。

イカれたキャラにメタネタ・パロネタ盛りだくさん、というノリが好きな人におすすめ。

The Gardens Between

The Gardens Between Launch Trailer | XBOX ONE

時間操作とオブジェクト操作という、主に2つの操作だけで進めていくパズルアクション。

操作自体はシンプルながら、仕掛けはバリエーションに富んでいて面白いです。

二人の思い出から形作られた、おもちゃ箱をひっくり返したようなステージデザイン、言葉無しでも伝わる甘酸っぱいストーリーが特徴。

2時間程度でサクッとクリアできます。

The Surge 2

The Surge 2 – Launch Trailer

ソウルライクなSFアクションRPGの第二弾。
一応ストーリーは繋がっていて前作の主人公ウォーレンも出てきますが、今作からやっても問題なし。

敵の部位を切断し装備やパーツを奪い取るという、ユニークかつ爽快なシステムは健在。
敵の攻撃の方向に合わせてスティックを入力して弾く、指向性ガードというシステムが新たに追加され、戦闘の緊張感と楽しさがアップ。

武器の種類とマップのバリエーションも増え、まさに正当進化といった出来栄え(ボス戦だけは前作のほうが良かったです)。

※日本語未対応

Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜

Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜 配信開始トレーラー

ガチョウになって人間様にいたずらをしかける癒やしゲー。

★バンジョーとカズーイの大冒険

かつてNintendo 64でリリースされた、クマとトリの凸凹コンビを操作してステージに散らばるオンプとパズルピースを集めながら進んでいく、箱庭アクションゲーの名作。

未だにBGMは覚えているしモノマネもできるぐらい、個人的に思い入れの深いゲーム。

要素を盛りすぎて肥大化した『2』、乗り物アクションという謎の変貌を遂げた『ガレージ大作戦』は好みが分かれそう(ぼくはどちらも好きです)。

スポンサーリンク

シューター

Gears of War シリーズ

Gears Forever – Gears 5 ローンチ トレーラー

前傾姿勢で遮蔽物から遮蔽物へと移動し敵を倒していく「カバーシューター」を世に広めたと言ってもいいTPSシリーズ。

スピンオフの『Judgement』、初代のリメイク『Ultimate Edition』も含めて全7作品。

ジェットコースターに乗っているかのようなスピーディーな展開にド派手な演出、容赦のないゴア描写、印象的なキャラクターたちによる掛け合いが特徴。

※『Gears of War 2』、『Gears of War: Ultimate Edition』のみ日本ストア未配信・日本語未対応

Halo: The Master Chief Collection

Halo: The Master Chief Collection – ローンチ トレーラー

家庭用ゲーム機におけるFPSに多大な影響を与えた伝説のFPSシリーズで、『1』『2』『3』『3: ODST』『Reach』『4』の6作品がひとつに統合されたもの。

ぼくは『Reach』が一番好きです。

最新作の『Halo 5: Guardians』のキャンペーンはかなり酷い出来だったので、おすすめはしません。

最新作『Halo: Infinite』が次世代機でも発売予定。

Remnant: From the Ashes

Remnant: From the Ashes – Announcement Trailer

ソウルライクなTPS。

ボスとダンジョンの組み合わせがいくつかあり、1周しただけでは全てのボスとは戦えない、というのが特徴。

とりあえず雑魚を投入しとくか的なボス戦に少しイラッとするものの、装備品はバリエーションに富んでおり、手応えのある戦闘を楽しめます。

※日本語未対応

Sniper Elite 4

Sniper Elite 4 – 101 Gameplay Trailer | Xbox One

エリート・スナイパーとしてイタリア各地をめぐり、ナチスの計画を阻止するため工作活動を行うTPS。

1つ1つのマップがかなり広く、目標を達成する手段・ルートがいくつも用意されているので、自由度もリプレイ性もかなり高め。

メタルギアやヒットマンシリーズが好きな人に特におすすめ。

タイトルにはスナイパーとありますが、一切狙撃はせずスネークばりのステルス&CQCで進めていくことも可能です。

キルカメラ時におけるモータル・コンバットばりの人体破壊描写も見どころ。

※日本ストア未配信・日本語未対応

スポンサーリンク

メトロイドヴァニア

Bloodstained: Ritual of the Night

Bloodstained: Ritual of the Night – Launch Trailer

「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」などで知られるIGAこと五十嵐孝司氏が手掛けたメトロイドヴァニア(通称IGAヴァニア)。

レベルアップや能力の強化、回復アイテムといった、アクション部分以外でのフォローが多いので、ここで紹介しているメトロイドヴァニアの中では最も初心者向けと言えるかもしれません。

が、エンディングを見るためにはマップを隅々まで探索する必要があるうえに、導線が分かりづらい点には注意。

先日のアップデートで、プレイアブルキャラ「斬月」とランダマイザーモードが追加。
今後もアップデートによりコンテツが追加されていく模様です。

★Guacamelee! 2

Guacamelee! 2 – Xbox One Launch Trailer

伝説のマスクの力を使って、マルチユニバースを崩壊へと導く悪のマリアッチの野望を阻止する、メキシカンなメトロイドヴァニア。

前作のトゥルーエンドからの続きですが、やっていなくても問題なく楽しめます。

ルチャドールらしい豪快な投げ技と、多彩なスキルを駆使して敵を蹴散らす爽快感が抜群。

※日本語未対応

★Hollow Knight: ヴォイドハート・エディション

Hollow Knight: Voidheart Edition – Available Now!

見た目は非常に可愛らしいですが、中身は非常にタフなメトロイドヴァニア。

ここで紹介しているメトロイドヴァニアの中では、最も遊び甲斐のあるゲームであり、ぼくの一番好きなゲームでもあります。

ソウルライクな世界観、手に汗握る戦闘と探索が特徴で、高難度でやりがいのあるゲームを求めている人におすすめ。

Ori シリーズ

Ori and the Blind Forest (オリとくらやみの森) – ローンチ トレーラー

美しく幻想的なアートが魅力のメトロイドヴァニア。

なめらかな手書き風アニメーション、思い通りに動く快適な操作性、シンプルながら胸を打つストーリーとそれを彩るサウンドトラックが特徴。

1作目と2作目ではゲームプレイのテイストがちょっと違います。

1作目は死にゲーに近い高難度なプラットフォーマー、2作目は戦闘とプラットフォーマーが半々で様々な要素が『ホロウナイト』に似ています。

スポンサーリンク

ローグライク

Children of Morta

Children of Morta Launch Date Reveal Trailer

山の神が引き起こす”穢れ”に抗う、Bergson一家の戦いを描くローグライクなアクションRPG。

ダンジョンはランダム生成で、途中で死んだら最初からやり直しですが、アップグレードに使う通貨とキャラのレベルは失われないので、時間さえかければクリアできるようになっています。

プレイ感が異なる7人のプレイアブルキャラクターと、ダンジョン内のランダム要素やサイドクエストのおかげで、繰り返し遊ぶのが苦にならないようになっています。

細やかで美しいドット絵、家族の絆を描いたストーリーがとても良いです。

※日本語未対応

★Dead Cells

Dead Cells coming to console in 2018!

多種多様な装備品、ステータス強化、変異の中から自分だけの組み合わせを見つけて、殺意高めな敵で溢れるダンジョンの踏破を目指す、高難度のローグヴァニア(ローグライク+メトロイドヴァニア)。

とにかく死にまくりますが、プレイヤーの成長が着実に感じられる中毒性高めのゲームです。

パリィをうまく使いこなす、敵を全部倒そうとはしない、ステータス強化は1色または2色に絞る、回復薬のアップグレードが最優先、ドアは勢いよく開けて突破する、のが攻略のコツ。

一周クリアまでがチュートリアル。

Enter the Gungeon

Enter the Gungeon – Gamplay Trailer

銃を片手に撃って撃って撃ちまくりダンジョンの深部を目指す、ローグライクな弾幕系シューティングアクション。

可愛いドット絵とは裏腹にかなりハードコアな難易度なので、アクションとシューティングが得意でない人には全くおすすめできません。

おもしろ銃をバカスカ撃ちまくってストレス発散するゲームではなく、敵の攻撃をちゃんと避けて弾丸を正確に撃ち込んでいくゲームなので、好き嫌いは分かれそう。

『Dead Cells』同様、とにかく死にまくりますが、プレイヤーの成長が着実に感じられる中毒性高めのゲームです。

★Slay The Spire

Slay the Spire – Out Now on Xbox One

それぞれ異なる特性およびカードが用意された4人のプレイアブルキャラクターから1人を選び、塔を上り詰めていくローグライクなターン制カードゲーム。

ゲーム性は非常にシンプルですが、ランダム性と戦略性がうまい具合に噛み合ったデッキ構築がかなり奥深く、それ故中毒性が高いので注意。

スポンサーリンク

レーシング

Dirt 4

『DIRT® 4™』ローンチトレーラー

ややカジュアル寄りなオフロードレーシングゲーム。

自動生成されるコースを走破するRallyイベント、RallyCrossにLandRushという2種のラップ形式のレースイベント、スキルを競うジョイライド、デイリーチャレンジと、遊び甲斐は十分。

エンジニアや広報を雇い、スポンサーと契約し、自分のチームを成長させていくという要素もあります。

Dirt Rally 2.0

Launch Trailer | DiRT Rally 2.0 [UK]

『Dirt』シリーズのスピンオフで、シム寄りなオフロードレーシングゲーム。

プロも納得するぐらい挙動がリアルで、『Dirt 4』と同じ感覚でプレイするとコースアウトにクラッシュ待ったなし。

車の修理、路面のコンディション、タイヤの消耗といった部分にも気を配る必要があります。

最初はいくつかのアシストをオンにして、タイムを気にせずコースを覚えながらやるべし。

とにかく難しいので、気楽に楽しみたいという人にはおすすめしません。

★Forza Horizon 4

Forza Horizon 4 公式発売トレーラー

ドライブの楽しさがギュッと詰まった世界最高のオープンワールドドライビングゲーム。

時間と天候だけでなく季節も変化するようになり、1粒で4度美味しい!(季節は一週間ごとに変わります)

どこを走っても楽しいマップデザイン、大量の車種、大量のレースイベントにチャレンジに加えて、シーズンイベントにマルチプレイと、延々遊べてしまう驚きのボリューム。

スポンサーリンク

ストラテジー/シミュレーション

★Frostpunk

"Frostpunk: Console Edition | Official announcement trailer"

急激な寒冷化によって極寒の地となったイギリスで、生存者を束ねるキャプテンとして四苦八苦するハードコアな街づくりサバイバルストラテジー。

住民の希望と不満に気を配り、街を整え、作業場に労働者を配備し、カツカツなリソースを管理し、法律を制定し、とやるべきことが盛りだくさんでなかなか忙しく楽しい。

ただでさえ難しいのに基本的なチュートリアルが用意されていないので、何度かゲームオーバーになるぐらいの覚悟が必要。

シナリオ選択から難易度を選べるので、イージーから始めて流れを掴むのが良いかもしれません(「難民」と「ウィンターホームの滅亡」は難しいので後回しにしましょう)。

やっているうちに、人の命もリソースとしてしか見ていないブラック企業経営者のような考え方になっていてゾッとしたとかしないとか。

コメント